◆東蕗田天満社の公式HPはこちらです◆

各種ご祈願(家内安全・交通安全・病気平癒・六三除・合格祈願・学業成就・子宝祈願・災厄消除・人形感謝清祓・商売繁昌…など。)
人生儀礼(安産祈願・初宮詣・七五三・厄除開運・天中殺除・方除祈願…など。)
各種出張祭典(地鎮祭・上棟祭・竣工祭・新宅祭・家屋解体祓・神棚祓・氏神祭・井戸掘(埋)祓・伐木清祓・災厄清祓・店舗開店祓・事務所開き…など)
ご相談(産児・会社名命名・移転方位鑑定・家相(地相)鑑定・墓相鑑定…など)     

随時承っております。
ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

2019年7月13日土曜日

東蕗田天満社祗園祭(夏祭り)~神事編~

本日は、当神社の夏祭りでございました。
前回の準備編に引き続き、夏祭り神事編の写真をご紹介させていただきます。

18時頃からいよいよ、本殿中の神様の御霊を御神輿に移す【神幸の儀】が執り行われました。



お神輿とお囃子の山車をお祓いし、祝詞を奏上申し上げ、お祭りの無事な成功、氏子のご家族皆々様の家内安全をご祈念いたしました。
総代さんをはじめ、氏子のご代表の方々には玉串を奉りてご拝礼いただきます。



 古来より、ご社殿周りを3周廻るのが習わしです。
先導の総代、神職に続き、御神輿、お囃子の山車と続きます。
子供会の可愛らしい皆様が、神様の重みを噛みしめながら、一生懸命に、そして楽しく担いでくれました。
お囃子会の皆様も、歩きながらの演奏となりますので少し大変ですが、いつも素晴らしい演奏で夏祭りを彩ってくださります。
また今年も氏子の皆様により大人神輿が担がれまして、神様もさぞやお喜びになられたこと存じます!





また、今年は可愛いお囃子っ子達の晴れの初舞台となりました!
皆様ご見学くださり、大変に盛り上がりましたよ!
やはり、このお囃子の音色があるからこぞ、東蕗田の夏祭りなのでございます!


夜には、氏子の皆様方が境内に多くご参集くださり、また例年通り八千代神輿連合の皆様が合流の上、重い大人神輿を担いでくださりました!



わっしょいわっしょい!
熱がこもった担ぎっぷりは、男らしくカッコ良くて素敵ですね!!
その力強さに、お祭り全体が楽しい雰囲気になり、盛り上がって参ります!!
お祭りはやっぱりこうでなくちゃ!


そんな中、今年は15発の花火が上がり、大輪の華が夏の夜空を美しく彩りました!
ご奉納いただきまして誠に有難うございました。
祇園祭(夏祭り)には、毎年多くの方々が地域の為にご奉納くださります。
皆様のご協力に支えられて、東蕗田の氏子の皆様の夏祭りがつくられております。
この場をお借りして改めて感謝御礼申し上げると共に、今後とも何卒、よろしくお願い申し上げます。


引き続き、厄落とし行事が始まります。
家内安全と厄祓いを願い、本厄にあたっている男女を胴上げして、厄を落とす行事です。
やむを得ずお祭りに来られない場合は、その方のお洋服を胴上げ(?)いたします。
わっしょーい!
わーっしょい!
わー!!



そして、御霊をご本殿に帰す儀式である【還幸の儀】を行います。
再び、本殿社殿周りを3周廻ります。


神事終了後、ご社殿正面にて、最後は元気に御神輿を掲げ、お囃子の「さんぎり」という曲で締めます。
後片付けや直会の後、これにて無事に当神社の夏祭りをお納めすることができました。
夜遅くまでのご奉仕、お疲れ様でございました。

なお、神事中のお写真は氏子さんや崇敬者さんなど沢山の方々に撮っていただきましたので、ご協力いただきまして、誠に有難く存じます。

御神輿の担ぎ手にしろ、お囃子にしろ、後継者が少なくなってきている現代でございます。
当神社でも、御神輿の担ぎ手やお囃子の打ち手の後継者不足が否めません。
お囃子、神楽など、日本伝統の技術を絶やさないためにも、そしてこの素晴らしい地域のお祭りを盛り上げるためにも、私も神職として少しでもお手伝いができればと思っております。

そして、一緒に楽しく伝統を守っていってくださる方を大募集中でございます!
「篠笛を吹けるようになりたい!」
「お囃子の太鼓って力強くてカッコイイ!」
「お神輿をかついでみたい!」
などなど、興味がございましたら、どうぞお気軽にお祭りに遊びにいらしてくださいませね!

地域活性化のためにも、お近くにお住まいの方は奮ってご参加いただき、東蕗田の夏祭りを皆様で楽しく盛り上げていっていただきたいと存じます!
最後に、お祭りに携わりました氏子地域の方々の並々ならぬご尽力に敬意を表しますと共に、皆々様のご健勝、ご発展を当社神職一同心よりご祈念申し上げまして、結びと致します。

東蕗田天満社祗園祭(夏祭り)~準備編~

本日は、当神社の祇園祭(夏祭り)でございました。
天気予報では、降雨が心配されておりましたが、涼しく過ごしやすい気候のもと、無事に神事が執り行うことが叶いまして誠に嬉しく存じました。
夜中にはにわか雨がぱらつきましたが、昨日も雨!明日も雨!の天気予報の中で、本日お神輿もお囃子の山車も巡行できましたことは、誠に神様のおかげ様でございます。

今回も例年に引き続き、夏祭り準備編として、撮影したお写真をご紹介させていただきます。

8時には総代さんはじめ組合長(世話人)さん方がご参集なさり、そして午後からは引き続き多くの氏子地域の皆様が夏祭りの準備のため、ご参集くださりました。
境内の注連縄を全て新しくし、お神輿やお囃子の山車の準備、また境内の電飾付けや辻札の設置、まかないの買物などの準備をはじめ、一般奉納・花火奉納・厄落とし行事などの受付など、多くの氏子の皆様がお祭りの成功の為、動いてくださります。

 





ただ今年は、夏祭りが13日に集中してしまった為、私どもも何かと慌ただしく写真撮影もままなりませんでしたので、お祭りの風景、お囃子の山車が巡行中のお写真などを提供してくださる方がいらっしゃいましたら、当神社のEメールアドレスに画像を貼り付けてお送りくださいませ。
是非にホームページやブログにてご紹介させていただきたく存じます。


さて神事が始まるのは、今年は18時からです。
皆様にとりまして、楽しく良い夜になりますように…。



夏祭り神事編に続きます。

新地舘澤天満宮祗園祭(夏祭り)

本日は、16時より兼務社の新地舘澤天満宮にて、祇園祭(夏祭り)の神事を執り行いました。
今年も前年に倣いまして、夏祭りの前日祭としてのご奉仕であり、実際に子供神輿やお囃子が巡行するのは、明日の9時からです。


■新地舘澤天満宮■
住 所:結城郡八千代町新地508
御祭神:菅原道真公(すがわらのみちざねこう)
御神徳:平安時代前期に学者・政治家として活躍されました。薨去後間もなく神として奉祀され、農耕の神(雷神)・学問の神・道徳の神・文道の大祖・詩歌や和歌の神・書道の神・芸能の神と仰がれ、学業成就や無病息災を願う神としても大きな信仰を集めております。
祭礼日:2月25日      初天神
    7月25日前の土日  祇園祭(夏祭り) 
   11月25日      例祭


氏子の皆様が道中災いなく、無事に還御の儀を迎えられますようお囃子の山車をお祓いし、祝詞を奏上申し上げ、お祭りの無事な成功、氏子のご家族皆々様の家内安全を、ご祈念致しました。


明日は雨が心配ですね。
涼しいのは有難いですが、巡行の際は水分塩分をお取りになりまして、お風邪などめされぬようお気をつけいただきながら、夏祭りを楽しんでいただければ何よりでございます。

お祭りの風景、お囃子の山車が巡行中のお写真などを提供してくださる方がいらっしゃいましたら、当神社のEメールアドレスに画像を貼り付けてお送りくださいませ。
ホームページやブログにてご紹介させていただきます。

お祭りに携わりました氏子地域の方々の並々ならぬご尽力に敬意を表しますと共に、皆々様のご健勝、ご発展を当神社神職一同心よりご祈念いたしております。

恩名香取神社祗園祭(夏祭り)

本日の10時半頃より、兼務神社の恩名香取神社にて祇園祭(夏祭り)の神事を執り行いました。
天気予報では、降雨が心配されておりましたが、涼しく過ごしやすい気候のもと、無事に神事が執り行うことが叶いまして嬉しく存じました。


■恩名香取神社■
住 所:古河市恩名2365
御祭神:経津主大神(伊波比主命)(ふつぬしのおおかみ/いはひぬしのみこと)
御神徳:古くから国家鎮護の神として皇室からの御崇敬が篤く、家内安全・産業(農業・商工業)指導の神・海上守護・心願成就・縁結び・安産の神として深く信仰されています。さらにその武徳は平和・外交の祖神として、勝運・交通安全・災難除けの神としても有名です。
祭礼日:7月15日前の土日   祇園祭(夏祭り)
   11月15日前の土日   例祭


恩名には立派なお神輿やお囃子の山車がございますので、氏子の皆様が道中災いなく、無事に還御の儀を迎えられますよう、心をこめてお祓いをいたしました。
また、祝詞を奏上申し上げ、お祭りの無事な成功、氏子のご家族皆々様の家内安全をご祈念申し上げた次第でございます。

ただ今年は、夏祭りが13日に集中してしまった為、私どもも何かと慌ただしく写真撮影もままなりませんでしたので、お祭りの風景、お囃子の山車が巡行中のお写真などを提供してくださる方がいらっしゃいましたら、当神社のEメールアドレスに画像を貼り付けてお送りくださいませ。
是非にホームページやブログにてご紹介させていただきたく存じます。

お祭りに携わりました氏子地域の方々の並々ならぬご尽力に敬意を表しますと共に、皆々様のご健勝、ご発展を当神社神職一同心よりご祈念いたしております。

皆様にとりまして思い出に残る、楽しい夏祭りになりますように!

平塚惣前神社祗園祭(夏祭り)

本日の8時半頃より、兼務神社の平塚惣前神社にて祇園祭(夏祭り)の神事を執り行いました。
天気予報では、降雨が心配されておりましたが、涼しく過ごしやすい気候のもと、無事に神事が執り行うことが叶いまして嬉しく存じました。


■平塚惣前神社■
住 所:結城郡八千代町平塚3428
御祭神:保食神(うけもちのかみ)・須佐之男命(すさのおのみこと)・木花之佐久夜毘売命(このはなさくやひめのみこと)
祭礼日:7月15日に近い土日  祇園祭(夏祭り)
    7月31日       夏越の大祓
   11月23日       例祭並びに新嘗祭

氏子の皆様が道中災いなく、無事に還御の儀を迎えられますようお囃子の山車をお祓いし、祝詞を奏上申し上げ、お祭りの無事な成功、氏子のご家族皆々様の家内安全を、ご祈念いたしました。

今年は、夏祭りが13日に集中してしまった為、私どもも何かと慌ただしく写真撮影もままなりませんでしたので、お祭りの風景、お囃子の山車が巡行中のお写真などを提供してくださる方がいらっしゃいましたら、当神社のEメールアドレスに画像を貼り付けてお送りくださいませ。
是非にホームページやブログにてご紹介させていただきたく存じます。

お祭りに携わりました氏子地域の方々の並々ならぬご尽力に敬意を表しますと共に、皆々様のご健勝、ご発展を当神社神職一同心よりご祈念いたしております。

思い出に残る、素敵な夏祭りとなりますように!

2019年7月3日水曜日

兼務神社、祇園祭(夏祭り)のお知らせ

こちらでは梅雨の影響で、雨がちな日々が続いておりますね。
また九州地方では大雨による川の氾濫や農作物の被害などに見舞われており、被災地域におかれましては心よりお見舞い申し上げる次第でございます。

これから夏祭りの季節ですので、お天気には恵まれてほしいものですね。
日本の夏祭りには、疫を祓い清め、農作物の豊作・皆様の健康・無事安全を祈る文化が脈々と息づいております。

本日は兼務神社の夏祭りの日程のご案内をいたします。


恩名香取神社祇園祭(夏祭り)
日時:7月14日(日)10時~
場所:古河市恩名2365

御神輿やお囃子の山車が巡行するのは、16時からです。
翌日まで続きます。




平塚惣前神社祇園祭(夏祭り)
日時:7月13日(土)8時半~
場所:結城郡八千代町平塚3428

御神輿やお囃子の山車が巡行するのは、翌日です。




新地天満宮祇園祭(夏祭り)
日時:7月13日(土)16時~
場所:結城郡八千代町新地508

翌日の9時頃からお囃子の山車が氏子地域を巡幸します。
翌日まで続きます。



今年は選挙の関係で、例年よりもお祭りの時期を早める地域が多ございました。

夏祭り当日は、お囃子の山車や子供神輿が出たりと賑やかになりますので、お近くにお住まいの方は、皆様お誘いあわせの上どうぞご参集くださいませ!
非日常的なお祭りの雰囲気というものは、日本人にとってはやはり懐かしく、良いものです。

私たち神職も、氏子地域の皆様とお会いできますことを楽しみにいたしております!
お天気に恵まれまして、皆様の良い夏の思い出となりますよう、心よりご祈念いたしております。