◆東蕗田天満社の公式HPはこちらです◆

各種ご祈願(家内安全・交通安全・病気平癒・六三除・合格祈願・学業成就・子宝祈願・災厄消除・人形感謝清祓・商売繁昌…など。)
人生儀礼(安産祈願・初宮詣・七五三・厄除開運・天中殺除・方除祈願…など。)
各種出張祭典(地鎮祭・上棟祭・竣工祭・新宅祭・家屋解体祓・神棚祓・氏神祭・井戸掘(埋)祓・伐木清祓・災厄清祓・店舗開店祓・事務所開き…など)
ご相談(産児・会社名命名・移転方位鑑定・家相(地相)鑑定・墓相鑑定…など)     

随時承っております。
ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

2017年12月19日火曜日

お正月の御朱印について

お正月限定「新春万福御朱印」について

お正月には、初詣祈念(記念)として「新春万福御朱印」を奉筆し、ご用意させていただきます。
期間は、平成30年1月1日~1月15日までの限定です。



ふる雪に 色まどはせる梅の花 鶯のみや わきてしのばむ
(新古今和歌集1442/菅原道真公)

降っている雪と色を見紛うばかりに咲いている白梅の花―――鶯だけは見分けて賞美するのだろう。

こちらの御歌は、雪がしんしんと降りしきる中、白い梅の花にそっと寄り添う鶯―――そんな1枚の絵を想像できるような、美しい御歌でございますね。
「八代集抄」という、北村季吟による江戸前期の注釈書では、「梅の花を君子、鶯を賢者に見立てている」と記述されており、そう教えていただくと、美しさだけではなく、また別の印象も加わって参ります。
御朱印には、今年の干支である戌もご一緒していただきました。


なお、こちらの限定御朱印は書きおきで対応させていただきますが、印刷はせずに、当神社の神職が皆様のご多幸を願い、1枚1枚手書きで心を込めて奉筆いたしております。
「新春万福」とは、「新しい年にたくさんの幸せが訪れますように」という祈りが込められているとても縁起の良い言葉。
また、御朱印の和紙に使用した「赤色」は古来より日本において、魔を祓う神聖な色として神事や化粧に用いられ、活力や情熱をもたらす強い力がある、と信じられてきました。
様々な祈りがこめられた当神社の「お正月の縁起物」として、どうぞお受けくださいませ。


従来の御朱印について

現在、「天神様和歌御朱印」が10種、片面のデザインが10種、お末社が7社、ございます。
1月9日までは、全て書きおきで対応させていただきまして、御朱印帳への奉筆は、10日からと致します。
ただ10日以降も、神職が繁忙時はその限りでない場合もございますので、どうぞご容赦いただければ幸いに存じます。


その昔は、当神社でもお正月の御神札は、手作りで奉製されておりました。
1枚1枚御朱印を手作りしている際にふと、曾祖父や祖父、ご先祖様の時代に想いを馳せました。
現代では様々なものが機械化されて、短時間で大量に生産可能な便利な世の中になりましたが、やはり手作りのものには「想い」が込められて良うございますね。

当神社に初詣にご参拝になられた方をはじめ、御朱印を受けられた方が、良い1年を過ごせますように。


2 件のコメント:

  1. 惚れ惚れするほど素敵な御朱印ですね…❇️��
    元日には是非ともお参りさせていただきたいと想っています…(^-^)
    お忙しい日が続くことと思われますが、お身体に気をつけてご奉仕に励まれますよう、皆様の健康をお祈りいたしております…m(__)m

    返信削除
    返信
    1. 中莖様、コメントを頂戴しまして有難うございます。
      当方も下手の横好きながら楽しんで奉製いたしておりますので、気に入っていただけたなら何よりです。
      中莖様もお忙しい日々をお過ごしのことと存じますが、お身体ご自愛くださいませ。

      削除