◆東蕗田天満社の公式HPはこちらです◆

各種ご祈願(家内安全・交通安全・病気平癒・六三除・合格祈願・学業成就・子宝祈願・災厄消除・人形感謝清祓・商売繁昌…など。)
人生儀礼(安産祈願・初宮詣・七五三・厄除開運・天中殺除・方除祈願…など。)
各種出張祭典(地鎮祭・上棟祭・竣工祭・新宅祭・家屋解体祓・神棚祓・氏神祭・井戸掘(埋)祓・伐木清祓・災厄清祓・店舗開店祓・事務所開き…など)
ご相談(産児・会社名命名・移転方位鑑定・家相(地相)鑑定・墓相鑑定…など)     

随時承っております。
ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

2017年6月27日火曜日

天神様和歌御朱印のご紹介~七夕の和歌~

本日は1日中曇り空のお天気でしたので、大分涼しく過ごしやすい1日となりました。
天気予報によりますとこちらでは、週末まではこのような曇り時々雨、といった梅雨時のお天気が続くそうでございます。
お洗濯物には悩まされそうですね。

さて、そんな中ではございますが、来月の7月7日は七夕。
天神様和歌御朱印にも七夕の和歌が仲間入りいたしましたので、こちらでもご紹介申し上げます。


彦星の ゆきあひを待つ鵲の 門わたる橋を 我にかさなむ
(彦星が織姫との逢瀬を待つという、鵲《かささぎ》の渡す橋を私にかしてほしい。それを渡って都の妻に会いたい。)
(新古今和歌集/菅原道真公)

説明するのも野暮なことではございますが、こちらの御歌は、道真公が遠く離れた都に残した奥様を想ってお詠みになられた御歌でございます。
七夕の夜に、鵲が翼を並べて天の川に橋をかけて織女を渡すという伝説を踏まえたものでございましょう。
一見、幻想的でロマンチックな雰囲気ではございますが、会いたくても会えない寂しさや切なさがしみじみ伝わってくる御歌ですね。
彦星様と織姫様の如く、カササギの橋を渡って、せめて御朱印の中では二人が出逢えるようイメージし、奉書作成いたしました。


また、ご社殿前に七夕用の竹笹も飾りましたので、皆様もぜひ短冊に願いを込めて吊るしてくださいませ。


なお、天神様和歌御朱印は、季節限定ではございません。
「沢山の方々に菅原道真公のお歌を知っていただきたい」という趣旨から始めた試みですので、今までの和歌同様、いつでもお好きな和歌の御朱印をお受けになることができます。
そしてまた季節が変わるごとに、新しい和歌をご紹介いたす予定です。

なお見開きですと、1頁の御朱印よりは少々奉筆に時間がかかりますので、土日祝日の混雑時にはどうかその旨ご容赦くださりますようよろしくお願い申し上げます。
また多くの方々のご要望により、お急ぎの方用に書きおきもご準備することと相成りました。
お待ちいただく時間がない場合は、そのようにお声かけくださりませ。


0 件のコメント:

コメントを投稿