◆東蕗田天満社の公式HPはこちらです◆

各種ご祈願(家内安全・交通安全・病気平癒・六三除・合格祈願・学業成就・子宝祈願・災厄消除・人形感謝清祓・商売繁昌…など。)
人生儀礼(安産祈願・初宮詣・七五三・厄除開運・天中殺除・方除祈願…など。)
各種出張祭典(地鎮祭・上棟祭・竣工祭・新宅祭・家屋解体祓・神棚祓・氏神祭・井戸掘(埋)祓・伐木清祓・災厄清祓・店舗開店祓・事務所開き…など)
ご相談(産児・会社名命名・移転方位鑑定・家相(地相)鑑定・墓相鑑定…など)     

随時承っております。
ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

2017年2月3日金曜日

節分祭~福の神でぶっとめろ~!~

本日は節分。
当神社でも、ご神前におきまして節分祭を執り行いました。
と申しましても、例年当神社では神職のみのご奉仕でございますので、本年ものんびり穏やかに豆まきを楽しませていただきました。
そして毎度おなじみの鬼やらいの口上は「福は内、鬼は外」を繰り返し叫んだ後に「福の神でぶっとめろー!!」でございます(笑)
また、柊に鰯の頭をつけて玄関に魔除けとして飾ることも忘れずにいたしましたよ。

この日は節分ということで、個人様を対象に「節分厄除祈願祭」を執り行います。
(※節分厄除祈願祭は御祈祷ですので、前日までにご予約が必要となります。)


さて節分と申しますと、この立春の前日である2月3日だと認識していらっしゃる方がほとんどでございましょうが、実は節分は年に4回ございます。
そもそも節分という語は立春だけに限らず、立夏・立秋・立冬の前日を指し、四季の節目を意味していた言葉なのです。
旧暦では立春が年の始まりにあたったことから、この節目が特に重要視されていつしか節分といえば、立春の前日を指すようになりました。

煎った大豆をまいて鬼を祓う「豆まき」も、室町時代に中国の明の時代の習慣を取り入れたといわれており、かつては、「追儺(ついな)」「鬼遣らい」といい、宮中の年中行事の一つでした。
舎人が扮した疫鬼を追い払うことにより、災厄を祓い除くというこの儀式が、次第に民間に伝わっていったようですね。

このようにして全国的に広まった節分も、各地で様々なバリエーションがあるようですが、込める思いはいずれの地域も同じ、「今年も家族みんなが元気で過ごせますように」という切なる願いです。
日本の古くからの伝統行事には、そんなあたたかい想いが満ちております。

さぁ、今年も皆様ご一緒に!

福の神でぶっとめろ~!!(^.^)/~~~。・。



0 件のコメント:

コメントを投稿