◆東蕗田天満社の公式HPはこちらです◆

各種ご祈願(家内安全・交通安全・病気平癒・六三除・合格祈願・学業成就・子宝祈願・災厄消除・人形感謝清祓・商売繁昌…など。)
人生儀礼(安産祈願・初宮詣・七五三・厄除開運・天中殺除・方除祈願…など。)
各種出張祭典(地鎮祭・上棟祭・竣工祭・新宅祭・家屋解体祓・神棚祓・氏神祭・井戸掘(埋)祓・伐木清祓・災厄清祓・店舗開店祓・事務所開き…など)
ご相談(産児・会社名命名・移転方位鑑定・家相(地相)鑑定・墓相鑑定…など)     

随時承っております。
ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

2017年2月12日日曜日

芦ケ谷新田稲荷神社、初午祭

本日は、13時より芦ケ谷新田稲荷神社にて初午祭を執り行いました。
大変風の強い日でございましたが、風がご社殿に向かって吹いてくることはございませんでしたので、拝殿の中では穏やかに暖かく過ごすことができまして、神様の御前で感謝申し上げる次第でございました。


■芦ケ谷新田稲荷神社■
御祭神:宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)
御神徳:商売繁盛・五穀豊穣の神様として、厚い信仰を集めております。また、安産や万病平癒、学業成就などにも御利益があります。
御祭礼:初午祭(2月最初の午の日)

さて、初午(はつうま)とは、2月の最初の午の日を指し、全国各地の稲荷神社の縁日です。
これは、京都の伏見稲荷大社のご祭神である宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)が和銅4年(711年)の2月の初めの午の日に、現在の本社の奥にそびえる三ヶ峰の山上に降臨されたことにちなみます。
『今昔物語』や『枕草子』にもその初午詣の様子が記されており、平安時代の初期から熱烈な稲荷信仰があったことが伺えます。

神事では、今年も神様の御陰様、自然の恵みの御陰様で、作物が豊かに稔り、氏子地域の皆様がこれからも変わらぬご守護を賜りますようご祈念いたしました。
去年から今年にかけては例年に比べて豊作だったようで、皆様も「ちゃんと神様に感謝しなくちゃな!だから来たんだよ!」なんて喜んでおいででしたね。
もともと稲荷とは「稲成(いねなり)」、つまり稲が生育することを意味し、五穀を司る農業の神様ですから、まさに御神徳の賜物と感謝申し上げる次第でございますね。


本日は、不覚ながらカメラを忘れてしまいましたので、少ししか写真を撮ることができませんでしたが、直会の様子を1枚パチリ。
いつも変わらない笑顔で私達をあたたかく迎えてくださり、有難く嬉しく感じております。
直会のお料理も大変美味しゅうございました。
こちらでは皆様にお会いできるのが1年に1回ですから、皆様とストーブを囲んで楽しく過ごす時間は大変貴重でございます。
本日も笑いの絶えない素敵な時間を、誠に有難うございました。

まだまだ寒い日が続くようですので、お身体お気をつけてお過ごしくださいませね。
芦ヶ谷新田の氏子地域の皆様のご健康、家内安全を心よりご祈念いたしております。

0 件のコメント:

コメントを投稿