◆東蕗田天満社の公式HPはこちらです◆

各種ご祈願(家内安全・交通安全・病気平癒・六三除・合格祈願・学業成就・子宝祈願・災厄消除・人形感謝清祓・商売繁昌…など。)
人生儀礼(安産祈願・初宮詣・七五三・厄除開運・天中殺除・方除祈願…など。)
各種出張祭典(地鎮祭・上棟祭・竣工祭・新宅祭・家屋解体祓・神棚祓・氏神祭・井戸掘(埋)祓・伐木清祓・災厄清祓・店舗開店祓・事務所開き…など)
ご相談(産児・会社名命名・移転方位鑑定・家相(地相)鑑定・墓相鑑定…など)     

随時承っております。
ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

2016年10月12日水曜日

天皇皇后両陛下 ベルギー国王夫妻と結城市を訪問



本日、天皇皇后両陛下が、国賓として来日中のベルギーのフィリップ国王夫妻とともに、茨城県結城市をご訪問あそばされました。
県民としても誠に嬉しいことでございますので、NHKのニュース記事をシェアさせていただきまして、こちらでもご紹介申し上げます。

天皇皇后両陛下 ベルギー国王夫妻と結城市を訪問
天皇皇后両陛下は、国賓として日本を訪れているベルギーのフィリップ国王夫妻を案内して、茨城県結城市を訪問されました。
両陛下は12日正午すぎ、国王夫妻とともにJR結城駅前の多目的施設に到着し、両国の小旗を持って出迎えたおよそ6000人の人たちに笑顔で手を振って応えられました。施設では歓迎セレモニーが行われ、地元の中学校の吹奏楽部員たちがベルギーで1960年代にヒットし、日本でも親しまれた「サン・トワ・マミー」を披露しました。
このあと両陛下は、国王夫妻とともにユネスコの無形文化遺産に登録されている「結城紬」の機織りの実演を見学されました。結城紬はすべての工程が手作業で行われるのが特徴で、保存会の会員が「地機」と呼ばれる日本で最も古い型の織機を足で操作し、反物を織り上げるとフィリップ国王は「織るのにはどのくらい時間がかかるのですか」などと質問していました。またマチルド王妃は、完成した反物を見ながら皇后さまと親しく言葉を交わし、「とても繊細ですね」などと話していました。
13日は国王夫妻が一連の歓迎に対するお礼のコンサートを開き、両陛下や皇族方が出席されることになっています。


歓迎のセレモニーで、結城市で200年以上続く伝統の神楽を披露した須藤克己さんは、「無心であっという間でした。ベルギー国王からすばらしいパフォーマンスだったと言っていただき、神楽をやっていくうえでの誇りになりました」と話していました。
また、歓迎のセレモニーで、日本でも親しまれたベルギーのヒット曲、「サン・トワ・マミー」を演奏した結城中学校吹奏楽部の部長の松尾衿菜さんは、「1か月間、練習をしてきて一番の演奏を披露することができました。皇后さまから、来年のコンクールも頑張ってくださいと声をかけていただき、うれしかったです」と話していました。
さらに、天皇皇后両陛下とベルギーの国王夫妻に「結城紬」の説明にあたった「本場結城紬技術保持会」の野村寛司会長は、「天皇陛下から『これからも続けていってほしい』と声をかけていただき、後世に引き継ぎたいという思いが強くなりました」と話していました。


0 件のコメント:

コメントを投稿