◆東蕗田天満社の公式HPはこちらです◆

各種ご祈願(家内安全・交通安全・病気平癒・六三除・合格祈願・学業成就・子宝祈願・災厄消除・人形感謝清祓・商売繁昌…など。)
人生儀礼(安産祈願・初宮詣・七五三・厄除開運・天中殺除・方除祈願…など。)
各種出張祭典(地鎮祭・上棟祭・竣工祭・新宅祭・家屋解体祓・神棚祓・氏神祭・井戸掘(埋)祓・伐木清祓・災厄清祓・店舗開店祓・事務所開き…など)
ご相談(産児・会社名命名・移転方位鑑定・家相(地相)鑑定・墓相鑑定…など)     

随時承っております。
ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

2016年3月17日木曜日

彼岸の入り

「暑さ寒さも彼岸まで」なんて申しますが、こちらでは誠に暖かい日でございました。
境内にも春の花々がこぞって咲き始めておりますので、日増しに色鮮やかになって嬉しく存じます。


さて、本日は彼岸の入り。
お彼岸は、春分の日(3月21日頃)と秋分の日(9月23日頃)をはさんだ前後の3日間ずつ、計7日間のことで、それぞれ春彼岸・秋彼岸といい、彼岸の最初の日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸の明け」、春分・秋分の日を「彼岸の中日」といいます。

【春彼岸】
3月17日:彼岸入り
3月20日:彼岸の中日(春分の日)
3月23日:彼岸明け

お彼岸には、お墓参りをする習慣があり、祖先の霊を家に迎えるお盆とは違って、祖先に会いに行く行事としての色彩が濃いようです。
仏教に由来する行事と考えられているお彼岸は、日本にしかない行事で、豊作に欠かすことのできない太陽をまつり、祖霊の加護を祈る古くからの儀礼と結びついたものといわれています。
またご存知の通り、お彼岸には「おはぎ」や「ぼたもち」を供え、お下がりとして食します。
いずれも同じものですが、春の牡丹、秋の萩、と季節の花に例えて呼ぶところに、日本人らしい感性がうかがわれますね。

ご命日やお盆、お彼岸は、ご先祖様方と心通わす日本に古来より伝わる伝統です。
「いつも見守ってくれて有難う」の気持ち、「日頃ご無沙汰してしまってごめんなさい」と謝る気持ちも全部含めて、墓前で御霊安らかならんことを心よりお祈りなさってみてはいかがでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿