◆東蕗田天満社の公式HPはこちらです◆

各種ご祈願(家内安全・交通安全・病気平癒・六三除・合格祈願・学業成就・子宝祈願・災厄消除・人形感謝清祓・商売繁昌…など。)
人生儀礼(安産祈願・初宮詣・七五三・厄除開運・天中殺除・方除祈願…など。)
各種出張祭典(地鎮祭・上棟祭・竣工祭・新宅祭・家屋解体祓・神棚祓・氏神祭・井戸掘(埋)祓・伐木清祓・災厄清祓・店舗開店祓・事務所開き…など)
ご相談(産児・会社名命名・移転方位鑑定・家相(地相)鑑定・墓相鑑定…など)     

随時承っております。
ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

2016年3月11日金曜日

震災復興祈願祭

本日は、3月11日。
東日本大震災から5年経ちました。

本日は当神社でも、震災復興祈願祭を執り行いまして、14時46分から1分間の黙とうを捧げました。
この度の東日本大震災で犠牲となられた全ての方々にお見舞い申し上げ、御霊安らかならんことを心よりご祈念申し上げる次第でございます。


本日はメディアで沢山の報道を見聞きし、改めて5年前に想いを致しました。
当神社でも表参道の大灯篭が倒れ、お末社の基礎が崩れ、ご本殿ご社殿の様々な箇所にひび割れが生じました。
それを目の当たりにした時は驚きと悲しみで絶句、更にメディアでの報道で知らされる東北地方の惨状に、悲しみと不安を感じたことを昨日のことのように覚えております。

現在被災地では、道路や港、住宅や商店が次々に完成し、見た目には復興が進んだところも増えてきましたが、5年経った今なお、避難生活を余儀なくされている方々も多くいらっしゃります。
いわき市では、家を建てるにも1~2年待ちだと伺いました。
やはり、震災前と変わらぬ日常生活を営むまでには、まだまだ時間がかかりそうですね。

そして、目に見える復興だけではなく、「心の復興」も大切なことと存じます。
若い人たちがボランティアに参加なさる姿を拝見し、その熱意や気配りをとても頼もしく感じました。
被災された方々の心に寄り添い、人と人との絆を結び、助け、助けられ、そんな分かち合いの心が、日本全国に年増して広がりますこと、そして被災地に再びたくさんの笑顔の花が咲きますことを、心より願ってやみません。

今後、10年…20年と月日が過ぎていき、被害の少なかった地域は少しずつ意識が風化しがちでございましょうが、この災害を忘れることなく薄れさせることなく、この災害から学んだことを次世代の子供たちへ伝え、できる限りの具体的な備えをし、記憶を繋いでいくことこそ、今生を受けている私たちができる、大切な課題かと存じます。


節目の5年を迎えて、改めて、心からのエールと復興への願いを込めて。

がんばれ、日本。
がんばれ、東北。


0 件のコメント:

コメントを投稿