◆東蕗田天満社の公式HPはこちらです◆

各種ご祈願(家内安全・交通安全・病気平癒・六三除・合格祈願・学業成就・子宝祈願・災厄消除・人形感謝清祓・商売繁昌…など。)
人生儀礼(安産祈願・初宮詣・七五三・厄除開運・天中殺除・方除祈願…など。)
各種出張祭典(地鎮祭・上棟祭・竣工祭・新宅祭・家屋解体祓・神棚祓・氏神祭・井戸掘(埋)祓・伐木清祓・災厄清祓・店舗開店祓・事務所開き…など)
ご相談(産児・会社名命名・移転方位鑑定・家相(地相)鑑定・墓相鑑定…など)     

随時承っております。
ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

2016年2月3日水曜日

節分祭~福の神でぶっとめろ~!~

本日は節分。
当神社でも、ご神前におきまして節分祭を執り行いました。
と申しましても、例年当神社では神職のみのご奉仕でございますので、本年ものんびり穏やかに豆まきを楽しませていただきました。
こちらの地域では、「福は内、鬼は外」を繰り返し叫んだ後に「福の神でぶっとめろー!!」と叫び、鬼やらいをします。
茨城らしい言葉遣いにちょっと笑ってしまいますが、福の神をもとどまらせる力強さを感じます(笑)


ご興味のおありの方はご参列をお待ちしておりますので、お気軽にご来社ください。
またこの日は節分ということで、個人様を対象に「節分厄除祈願祭」を執り行います。
(※節分厄除祈願祭は御祈祷ですので、前日までにご予約が必要となります。)


また、こちらの地域ではこのように柊に鰯の頭をつけて玄関に飾り、魔除けとする風習がございます。
これは柊の棘が鬼の目を刺すので門口から鬼が入れず、また鰯を焼く臭いと煙で鬼が近寄らないと言われて昔から伝わってきたものです。


柊は古くから邪気を祓うと言われております。
その由来は古く、古事記には、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が東征の際、「比々羅木(ひいらぎ)の八尋矛(やひろほこ)」(柊を模した剣)を賜った話があり、また柊鰯のことは、平安時代の紀貫之の土佐日記に、「小家の門の注連縄の鰯の頭、柊らいかにぞいひあえなえる」とあり、柊に鰯の頭を刺して魔除けにする風習が記されております。

どうやらこの柊鰯にはしっかりとした意味があり、その歴史は深いようですね。

そして、鰯はドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)、カルシウム、ビタミンDが豊富で栄養価の高い魚。
昔は災害や疫病を「鬼」と表現したようですから、栄養価の高い鰯を食べることで、昔の人は家族の健康を祈ったのかもしれません。

節分も全国各地で様々なバリエーションがあるようですが、込める思いはいずれの地域も同じ、「今年も家族みんなが元気で過ごせますように」という切なる願いです。
日本の古くからの伝統行事には、そんなあたたかい想いが満ちております。


さあ、皆様もご一緒に!


福の神でぶっとめろ~!!(^.^)/~~~



0 件のコメント:

コメントを投稿