◆東蕗田天満社の公式HPはこちらです◆

各種ご祈願(家内安全・交通安全・病気平癒・六三除・合格祈願・学業成就・子宝祈願・災厄消除・人形感謝清祓・商売繁昌…など。)
人生儀礼(安産祈願・初宮詣・七五三・厄除開運・天中殺除・方除祈願…など。)
各種出張祭典(地鎮祭・上棟祭・竣工祭・新宅祭・家屋解体祓・神棚祓・氏神祭・井戸掘(埋)祓・伐木清祓・災厄清祓・店舗開店祓・事務所開き…など)
ご相談(産児・会社名命名・移転方位鑑定・家相(地相)鑑定・墓相鑑定…など)     

随時承っております。
ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

2015年11月3日火曜日

初宮詣、おめでとうございます!

本日は、文化の日。
趣旨は「自由と平和を愛し、文化をすすめる」とされています。
日本国憲法が公布された日であり、同憲法が自由と平和に基づく文化国家の建設を理想とするものであったことから、「文化の日」とされました。
戦前は、「明治節」という明治天皇の誕生日を祝う祝日でした。
日本国憲法の制定がこの日になったのは、明治節に合わせるためであったとの説があります。

さて、そんな祭日の佳き日に、初宮詣のご祈願がございました。
安産祈願より引き続きご来社いただいた方でございましたので、今一度お目にかかることができまして、大変嬉しく存じました。


赤ちゃんは表情豊かで可愛らしく、太鼓の音にも怯まず笑っていたそう。
大物でございますね!
大変仲の良い素敵な御夫婦様で、私も幸せをわけていただきました。


さて、初宮詣(お宮参り)とは、お子様が産まれてから初めて氏神様や特に崇敬する神社にお参りする事をいいます。
古来より日本では、「七歳までは神の子」といわれ、子供は神様よりの「授かりもの」であり、その生命はお父様お母様、そして双方の御先祖様方から脈々と流れ受け継がれる「賜りもの」だと考えられてきました。
本日は、神様の思し召しで、その“みたま”を受けて、赤ちゃんが無事にお生まれになりましたことを神様にご報告し、お礼を申し上げ、そしてその生涯にわたってのご加護をお祈り申し上げた次第でございます。

大神様の大いなるご加護を賜りまして、お子様におかれましては若竹の如くすくすくと健やかなるご成長を、またご家族の更なるご多幸ご健勝を、重ねてご祈念致しております。
本日は誠におめでとうございました!

また是非、遊びにいらしてくださいね。


0 件のコメント:

コメントを投稿