◆東蕗田天満社の公式HPはこちらです◆

各種ご祈願(家内安全・交通安全・病気平癒・六三除・合格祈願・学業成就・子宝祈願・災厄消除・人形感謝清祓・商売繁昌…など。)
人生儀礼(安産祈願・初宮詣・七五三・厄除開運・天中殺除・方除祈願…など。)
各種出張祭典(地鎮祭・上棟祭・竣工祭・新宅祭・家屋解体祓・神棚祓・氏神祭・井戸掘(埋)祓・伐木清祓・災厄清祓・店舗開店祓・事務所開き…など)
ご相談(産児・会社名命名・移転方位鑑定・家相(地相)鑑定・墓相鑑定…など)     

随時承っております。
ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

2018年9月22日土曜日

夕陽のひだまりの中で

本日神社掃除をしておりましたら、お天道様の光が境内を暖かく照らしておりました。
夕陽の差す境内も、やはり美しゅうございます。


夕陽の木漏れ日が、何とも神秘的で感動いたしました。



最近は、秋雨が活躍して曇りの日々が続いておりましたので、お天道様の陽だまりが懐かしく、暖かく感じられました。
これからだんだんと寒くなって参りますが、境内では彩り豊かな紅葉が見られるでしょうから、それもまた楽しみですね。

2018年9月21日金曜日

第一段『夜桜🌸和歌御朱印帳』をご予約いただいた皆様へ

本日は、雨も降っていて大変お寒うございますね。
季節の変わり目は身体に負担がかかりますから、どうぞお身体ご自愛くださいませ。

さて予定通り、9月20日から当神社の『夜桜🌸和歌御朱印帳』の頒布を開始いたしております。
皆様の笑顔を見る度に、私も嬉しく心温まる想いでおります。

つきましては、第一段『夜桜🌸和歌御朱印帳』をご予約いただいた方々へ、改めてお願いしたき旨がございましてご連絡申し上げます。

ご予約の皆様におかれましては、ご予約の際にお渡ししました「ご参拝者様控え」を必ずお持ちくださりますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
この控えは、御朱印帳をご予約いただきました証明でございますから、この控えをお忘れになられますと、御朱印帳をお渡しすることが叶いませんので、何卒ご注意くださいませ。


何卒!何卒!宜しくお願い申し上げます。

2018年9月19日水曜日

にょきにょき、キノコ

本日は、何とも気持ちの良い秋晴れのお天気が広がっております。
こんな日が長く続けば良いのですが、こちらでは明日から雨模様となりそうですので、お洗濯ものは今日中に片付けておいた方が良さそうですね!

さて、季節柄なのでしょうが、当神社の境内にも至る所でキノコがにょきにょきと生えてきました。


こんな変なキノコも生えてきておりましたので、ついパチリ。
毒々しい…。


様々なキノコが生えておりますので、観察する分には楽しいかと存じます。

ただ言わずもがな…食べられないものがほとんどですので、誤って食すことのないよう、どうかお気をつけ下さいませね。



2018年9月17日月曜日

『夜桜🌸和歌御朱印帳』の第2段ご予約について

本日は、随分お暑うございますね。
境内に隣接された県民運動公園では本日も試合が行われており、安静ファイターズの子供達が元気に頑張っております!

さて、今回は、『夜桜🌸和歌御朱印帳』の第2段ご予約についての告知でございます。

前回はいきなりご予約の開始を謳ってしまいましたので、気付くのが遅くなってしまったり、ご来社のご都合がつけられなかった方々が多かったようでございます。
10日弱でご予約が埋まってしまったことも鑑みまして、今回は様々な反省点を活かし、事前にご予約受付の開始日を告知しておくことと相成りました。


🌸桜花 主を忘れぬものならば 吹き来む風に 言伝てはせよ🌸
(桜の花よ、主人を忘れないでいてくれるなら、春風にのせて、私への伝言を届けておくれ。)

🌸月夜に桜花を翫(もてあそ)ぶ🌸
「菅家文草(かんけぶんそう)」という菅原道真公が著された漢詩文集の一節。
「翫(もてあそ)ぶ」とは、「心のなぐさみとして愛する。観賞して楽しむ。」といった意味合いです。


こちらの『夜桜🌸和歌御朱印帳』は、当神社の裏参道桜並木の夜風景と桜の和歌が記されており、参道を歩いているのは主祭神様―――菅原道真公でございます。
織物も大変美しく、光の加減によって桜のお色味が濃くなったり薄くなったり…繊細なグラデーションを楽しむことができます。
また、一頁目には、夜桜を散りばめた限定御朱印をお付けすることとなりました。


なお、ご予約をご希望の方は、ご来社の上申し込み用紙にご記入いただき、「受け取り控え」をお受け取りくださいませ。
メールやお電話でのご予約は承ることができませんので、ご注意くださりますようよろしくお願い申し上げます。


予約受付開始日:平成30年10月1日(月)~
頒布予定日  :平成30年11月20日(火)~12月25日(火)
頒布数    :200冊限定
サイズ    :18×11.5cmの大サイズ
初穂料    :2000円(限定ご朱印付き)

※郵送でのご対応は致しませんので、誠に恐縮ながらご予約は、11月20日~12月25日までに当神社にご参拝の上、受け取りに来ていただける方のみとさせていただきたく存じます。
※お受取りの際は、必ず控えをお持ちくださいませ。
※ご予約時にお初穂料は頂戴せず、お受け取りの際にご奉納いただきます。
※事前のご連絡なく受取りが12月25日を過ぎました場合、ご予約は自動的に取り消されますので何卒ご了承いただきますようよろしくお願い申し上げます。


当神社の御朱印帳は、御朱印巡りをされる方々が『福』を授かり、ご縁に恵まれますことをご祈念申し上げる『福結び御守護』を祈願させていただき頒布をいたします。
菅原道真公の御神徳を賜りまして、御朱印巡りをすることにより、沢山の神様とのご縁が結ばれ『福徳』を得て、更に開運できますように。


2018年9月15日土曜日

【応援とご注意!】頑張れ!安静ファイターズ!

本日は、当神社に隣接される県民運動公園にて、少年野球の試合が行われております。
安静ファイターズの皆様をはじめ、多くの方々が、雨の中を一生懸命に頑張っておりますので、あたたかい応援を宜しくお願い致します!!


つきましては、駐車場が大変に混みあっております。
お天気も悪く見通しも悪いですから、駐車の際はどうか十分にお気をつけくださいませ!!

また、17日(月)も同じように試合が行われ、混雑が予想されますのでご注意くださいますようよろしくお願い申し上げます。


2018年9月14日金曜日

女性神職の装束

涼しく過ごしやすい気候が続いておりますが、朝晩は肌寒くもございますね。
季節の変わり目は身体に負担がかかりやすいですから、皆様もお身体ご自愛くださいませ。

さて、私事ではございますが、古い装束をお直しし、また新しい装束をもとめましたので、こちらでもご紹介をいたしますね。
こちらは、表着(うわぎ・おもてぎ)といわれる女性神職の常装で、私達は、女狩衣(おんなかりぎぬ)なんて言い方もします。
装束のお話は専門的で難しゅうございますので、端的に分かりやすく申し上げると、「普段のご祈祷や外祭でご奉仕をする際に着る装束」だと思ってくださいませ。


古い装束の方が左の写真、桃色の装束でございます。
10年経ちましたので、若草色のおめり部分が大分傷んでしまい、修理に出しました。
こちらは、私が大学を卒業してから奉職させていただいた先の宮司さんが、私専用に誂えてくださった装束で、「貴女は若いから、桃色に若草色を合わせたものが似合うわね。」とご用意くださりました。
22歳の時分、可愛らしいお色味でとても嬉しかったことを今でも覚えております。
大げさかもしれませんが、私の初めてのご祈祷、外祭などなど、苦楽を共にしてきた装束故に、10年経った今でもこちらを着ると初心に立ち返ることができるような気がいたします。

大変思い入れのある装束でしたので、この度の新しい装束も「初心忘るるべからず」の精神で、同じかたちの装束をもとめることといたしました。
今回は、年齢相応?に落ち着いた薄紫色のものに(笑)
フレッシュ!な若々しいあの頃には戻れませんが、それでもまだまだ若輩者でございますので、この装束とともに精進して参りたいと存じます。


女性神職の数は少ないので、ご覧になる機会も少ないとは存じますが、男性神職の装束とはまた違って、女性神職が着る装束はやはり華やかです。
昔よりは女性神職も増えてきていますので、もし機会がございましたら、女性神職の着ている装束にもぜひご注目くださいませね。

2018年9月10日月曜日

『夜桜🌸和歌御朱印帳』に奉筆させていただく限定御朱印のご紹介

朝晩は涼しい気候になって参りましたね。
天気予報では、秋雨前線が停滞して曇りや雨になりやすいお天気が続くようでございますので、暑さが和らいで秋らしさが進みそうです。

さて、頒布は9月20日以降になりますが、奉製された『夜桜🌸和歌御朱印帳』が神社についに届きましたので、こちらでも皆様にご紹介させていただきます。
前回までは、織物生地を写真立てに入れてのご紹介でしたが、やはり実際に奉製されたものを見ますと、嬉しいものでございますね。
織物も大変美しく、光の加減によって桜のお色味が濃くなったり薄くなったり…繊細なグラデーションを楽しむことができます。


🌸桜花 主を忘れぬものならば 吹き来む風に 言伝てはせよ🌸
(菅原道真公)
(桜の花よ、主人を忘れないでいてくれるなら、春風にのせて、私への伝言を届けておくれ。)


限定御朱印のデザインも、夜桜らしく、青系のお色味でまとめてみました。

この「月夜に桜花を翫(もてあそ)ぶ」という一節は、「菅家文草(かんけぶんそう)」という菅原道真公が著された漢詩文集の一節でございます。
「翫(もてあそ)ぶ」は、なかなか読めない漢字でございましょうが、「心のなぐさみとして愛する。観賞して楽しむ。」といった意味合いです。
今時期は少々季節外れではございますが、道真公の想いと共に夜桜の情緒に想いを馳せていただければ何よりでございます。

また、写真では見本の為、和紙に奉筆いたしておりますが、実際は直接御朱印帳の1頁目に奉筆いたします。


当神社の御朱印帳は、全てお清めのお祓いをいたし、また御朱印巡りをされる方々が『福』の良縁に恵まれますことをご祈念申し上げる『福結びご守護』を祈願させていただき頒布をいたします。

御朱印巡りをすることによりまして、沢山の神様とのご縁が結ばれ『福徳』を得て、更に開運できますように。